最新情報

国産最高峰のブレンデッドウイスキー


「響」はサントリーから販売されているブレンデッドウイスキーです。

名前の「響」はサントリーの企業理念である「人と自然と響きあう」という言葉と
ブラームス作曲の「交響曲第1番 第4楽章」をイメージして付けられたと言われています。

「響」の特徴は「山崎」「白州」「知多」の各蒸留所のウイスキーをブレンドして作られていること。

ブレンデッドウイスキーなので43度のアルコール度数を感じさせない飲みやすさ。
響特有のフルーツ感、甘み、繊細なスモーキーさをお楽しみ下さい。


———————————————————

Bar Workaholic
〒530...

詳細

ワイン用高級葡萄がベースのジン


今日紹介するのは
「ノルデス ガリシアン ジン」

スペインのワイン用高級ブドウ品種「アルバリーニョ」をベースに作られたジンです。

このジンの特徴はジンとは思えない程の香水のように華やかな香りです。

ベースに使われている「アルバリーニョ」はワイン用葡萄の中でも特にアロマティックなことで有名。
りんごやアプリコットの濃厚な香りとハーブやシトラスの爽快感を持つ大人気の品種です。

フレーバージンが好みの方には是非1度飲んで頂きたいボトルです。

ちなみに写真は北新地の店舗です。


———————————————————

Bar Workaholic...

詳細

アイドルではありません。GIN48。


本日紹介するのはイギリスのジン
「Williams Elegant 48 Gin」

このジンの最大の特徴でありアイデンティティは「48」という数字。

原料、製法、ボタニカルからアルコール度数まで全てが48という数字に関わっているというなんとも特殊なジンなんです。

どこが48なのかは是非ご来店して確かめてみてください。

香り、味わいはエレガントの名の通り高級感のあるもの。とても強くフルーティな香りが特徴的です。
フレーバージンがお好みの方には1度飲んで頂きたいボトルですね。


———————————————————

Bar Workah...

詳細

日本由来の「六」つの素材


今日はサントリーから出ているクラフトジン「ROKU GIN」を紹介します。

このジンの特徴は日本由来のボタニカルを使用したジンということ。桜の花、桜の葉、煎茶、玉露、山椒、柚子といった6つがボタニカルに使用されています。

さらに、それらの素材は全て1番旬な時期に収穫されたものが使われているという点も特徴の1つです。
名前も「ROKU」もこの6つのボタニカルからきています。

香り、味わいはジンの爽やかさを日本の素材で綺麗に引き出している、そんな印象です。
桜や柚子の華やかな香りを主として山椒の程よい辛味が効いています。

スタンダードなドライジンとの違い...

詳細

アイラモルトの女王


本日紹介するボウモア 12年の蒸留所は
スコットランドのアイラ島で最古の蒸留所。
なんと241年も前の1779年から稼働しています。
1980年にはエリザベス女王二世が訪問したこともある歴史ある蒸留所です。

麗しくしなやかな気品を持つことから
「アイラモルトの女王」と呼ばれるボウモア。なにかと女王に縁があります。

特徴はアイラモルトならではのピーティーでスモーキーな香り。味わいには蜜のような甘さも感じられます。

名前のボウモアはゲール語で
「大きな岩礁」という意味。

歴史あるアイラモルト
是非お試しください。


———————————————————

...

詳細

46の意味、ご存知ですか?


本日紹介するのは「メーカーズマーク46」
この番号の意味はメーカーズマーク46の製造方法に由来しています。
メーカーズマーク46は「インナースティーブ」と呼ばれる焦がしたフレンチオークの板を熟成した原酒樽の中に入れてさらに約3ヶ月後熟させて作られます。
このインナースティーブの焦がし具合を樽メーカーに指定するためのオーダー番号が「46」なので、「メーカーズマーク46」と名付けられました。

味わいは普通のメーカーズマークに比べて少し甘く、バニラやキャラメルを足したような味わい。バーボンの癖があまり強くなく飲みやすいと感じる人も多いかも知れません。

手間を...

詳細

スコッチウイスキーの全てがひとつに

今日紹介するボトルは「クライヌリッシュ 14y」
クライヌリッシュ14年は、スコットランドの北に位置するハイランド地方で作られるシングルモルトウイスキーです。
ラベルに描かれている山猫は蒸留所の創業者であるサザーランド公爵家の副紋章。
クライヌリッシュのシンボルである「ワイルドキャット」はハイランドの山に生息する山猫です。

ハイランドモルトであるだけに、クライヌリッシュの特徴は華やかな香り。甘くフローラルで芳醇な香りでありリッチなりんごのようなフルーティさを持っています。
味わいはスパイシーでコクがあり、なめらか。スコッチウイスキーのすべての要素を...

詳細

バーボンの王道

今回紹介するのは「I・Wハーパー」
名前の「I・W」は創業者のアイザック・ウォルフ・バーンハイムからとったもの。「ハーパー」は彼の親友であるフランク・ハーパーからとったものだと言われています。

ラベルに印刷された5つのゴールドメダルは数々の博覧会でゴールドメダルを受賞した証。ハーパーがゴールドメダルと呼ばれる所以です。

香りはわかりやすいバニラ、木の香り。新樽で熟成させることが必須条件であるバーボン。その意味で新樽の香りが全面に押し出たハーパーはバーボンの真骨頂と言えるでしょう。
バーボンを知るには避けては通れない「I・Wハーパー」。バーボンの入門に、飲みなれた方に...

詳細

アイラモルトの代表格

アイラモルトを代表するウイスキーの1つがこの「アードベッグ 10年」です。
アードベッグとはゲール語で「小さな岬」や「小さな丘」を意味し、蒸溜所が建つその場所からこのように命名されました。
スモーキーさではラフロイグに勝り、しかし味わいはラフロイグに比べて軽くてドライ。クセは非常に強いですが爽やかな印象を与え、「アードベッグが1番好き!」というお客さんも多数見かけます。

さらに、北新地のRe:Workaholicでは「ARdbeg SUPERNOVA」をご用意しております。こちらのボトルは2009年、2010年、2014年に限定発売。さらに2015年にも数量限定...

詳細

クチコミ

4 か月前
友達に勧められて行ってみたお店。 喧騒を少し外れて落ち着いた時間が過ごせる場所。 マスターの話の引き出しが多くて、表情豊かで凄くしゃべりやすい‼︎ お酒の種類も豊富で、突然の無茶振りの 「今の気持ちに染みるおすすめちょうだい」 にも全力で応えてもらえた。 ちなみにパスタが絶品。 行くべし。
奥村雅敬
4 か月前
大人の隠れ家。 何度も伺ってますが、季節のフルーツのカクテルがいつもおいしい!初めてナポリタンも頂きましたが、麺がもちもちしててこちらもおいしい! 北新地のほうに2号店があるそうなので、そちらも伺ってみたいです。
Kaori
4 か月前
清潔感のあるバーで、料理もおいしいです。 特にお店自慢のナポリタンは絶品でした! 若いマスターと店員さんの対応も良く、気持ちよく過ごせる空間でした。また利用させていただきます!
Shohei

地下のお店ってほんの少し勇気がいりますね。 でも、ご安心ください。

【内装】
「落ち着ける場所があったらいいな」
と考え、全て店主が作りました。

【店主】
自衛隊からのリクルート出身
人様の就転職に向き合って10年
人生の岐路で悩むことがあれば
遠慮なくぶつけてみてください。

【料金】
メニュー表に料金記載
(700円~1500円)
ウイスキー50種類 カクテル180種類
アルコールが苦手な方も
どうぞ遠慮なくお声掛けください。
(店主もアルコールは弱いです。笑)

皆さまのご来店を、心よりお待ちしております。

お問い合わせ

お問い合わせ

今すぐ電話
  • 06-6926-4570

住所

ルートを検索
日本
〒530-0057 大阪府
大阪市北区曽根崎2-10-31
梅田オレンジビルB1F
新御堂筋側に入り口あり

営業時間

月:18時00分~2時00分
火:18時00分~2時00分
水:18時00分~2時00分
木:18時00分~2時00分
金:18時00分~2時00分
土:18時00分~2時00分
日:18時00分~2時00分
お問い合わせ
メッセージを送信しました。すぐに折り返しご連絡差し上げます。